50歳で転職するときには即戦力が決め手!

 50歳の転職の現状は、これは50歳に限ったことではなく、今かなり雇用に関しては老若男女厳しいものになっていると言えます。しかしながら、企業や会社は即戦力を求めていることも事実です。ここにポイントを置いて転職すること、採用の確立を上げ、しいては後々の仕事のやりやすさや長続きするコツとなります。

 50歳で転職の求人の探し方ですが、今までご自分が培ってきたキャリアや方法などを念頭に入れて、先ほどの即戦力になれる職種を絞り込みます。これがあると面接などでもかなり有利になり、求人の採用の合格率も上がります。
そして50歳への転職のアドバイス ですが、私の場合には営業、医療関係、エステシャン、店員、飲食店など幅広く経験して来ましたが、50歳を越えての転職でこれらの中から絞り込もうとしますと、店員やスーパーが無難と言う事になりまして、スーパーのパンコーナーに応募致しましたが、そこには30代のライバルが居まして、試験でその方が合格となり私はスーパーの店長のお薦めで、鮮魚部門で採用となりました。

 これも私の履歴書のスーパーと衣料品を扱っている、地元のお店で働いていた経験がかわれたようですが、どこでどう採用になるかわかりません。最初はパン屋はキレイだし魚は臭いや面倒な捌き方などあり、とても大変で勤まらないだろうと思っていましたが、これがどうして単純な作業のパン屋よりも奥が深い事が分かりましたし、魚や干物などの見聞にもなりとても学ぶものがありました。このようにどこでどうなるか分からないので、履歴書は詳細に書かれた方が良いです。

おすすめサイト案内
中高年が内定を取れる転職方法
中高年の転職でより効果のある転職方法の紹介

最新記事

web analytics